忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

対策


SEOで有名なアイレップ。2013年4月11日に、「ネット選挙運動解禁に伴うネット検索領域への影響と今後の予測」を発表しました(Cnet)。ラジオでも、ネット選挙に関しては色々な意見があるようです。成りすましが出てくるのではないか、年齢確認はどうするのかなど問題が山積みのようです。アイレップの予想は、各政党、候補者公式サイトの検索エンジン最適化の活性化だと言います。いかに検索結果の上位に自分の名前、はたまた自分が所属している政党、自分の公式サイトを表示するかが重要になってくるでしょうから。スパム行為も危惧しているようです。誤った手法でSEO業者がSEOを施しまくったら大変なことになりそうですね・・・。ペナルティを受けてしまったらいずれそのサイトはランキング急降下か圏外、またはインデックス削除という罰が待っているのですから・・・。逆SEOも横行するかもしれません。候補者に不利な情報を流すこともあり得るのです。

SEO効果高いアンカーテキストは時代で変る。要約型・質問型被リンク

退行して潜在意識から情報を引き出すサービス、催眠サイト
退行 催眠

被リンク対策の進め方。1位表示に向け被リンク「全体」を最適化。被リンク「部分」の最適化は捨てる
被リンクとは。被リンク7個=負荷7。被リンク50=負荷50。負荷調整・負荷管理が被リンク対策の要
「企業体力が有る」内に構造改革を進めるのが経営家。企業が健康体であって、初めて構造改革は成功する
「被リンク=負荷」。過剰に負荷かけるとURLは一時的に順位ダウン。負荷微調整なくしてURL育たず
コンバージョン目的URLとSEO目的URLに分けて、サイト内のSEO目的URLに被リンク対策施す
SEO集客URLのオリジナル部分は集客に最適化、共通部分は営業に最適化
Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす
検索順位を上げるには?コンテンツSEO,HTML要素SEO,被リンクSEO
中長期的な「安定1位表示,安定上位表示」を実現する「SEO内部対策」の流れ・方法・やり方・進め方
内部対策の要、コンテンツSEOとは。コンテンツ版、三本の矢「キーワード最適化,充実度,独自性」
集客目的URLと営業目的URLの違い。「SEO集客優先・営業劣後」か逆か
内部対策はオリジナル部分SEO・コンテンツSEO優先。共通部分SEO劣後
オーソリティSEO。ディレクトリ,ペイレベル・サブドメイン権威対策
サイトリニューアルやページ更新で逆に順位ダウン。理由原因。逆SEO
PR