忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

重要


Site:~(自分のサイトまたはブログのドメイン)を入力するとインデックスされている数を確認できます。Site:~(自分のサイトまたはブログのドメイン)を検索エンジンの検索窓に入力して検索をするとGoogleにインデックスされているページが表示されます。この検索結果は、Googleが重要だと思っているページの順に表示されています。重要イコールGoogleからの評価が高いページということになります。メインぼろGooglePlay、サテライトサイト共に検索結果の一番上に表示されたページはトップページでした。その後はそれぞれですので共通点はありません。トップページだけが両方とも重要であるとGoogleは考えているようです。その次に表示されているページのキーワードを観て、Googleからの評価が高いそのキーワードをなるべく使って更新をすれば、なお早くGoogleにインデックスしてもらえるかもしれません^^。ちょっと実験してみようと思います^^。

コンテンツSEOのみ不安定。+被リンクSEOで安定。集客ボラティリティ
グーグル不動の上位表示コツ。高コストの強いサイトから被リンク獲得。強い衛星サイト,強い相互リンク
衛星サイトの記事に「関連性」は必要か?不要。非関連記事で安定上位実現可能
FOMC年内緩和縮小。米が引締めに転ずれば円安進行。株高は国内マネタリーベース拡大に合わせて進行
SEO集客の「好循環」を生み出す「コンテンツ・被リンク・バランス」
テキストリンクを増やす
検索順位を上げるコツ。そのページ(URL)の「コンテンツ」に適したアンカーテキストで被リンク供給
「被リンクは殆ど効かなくなった」は半分本当で半分嘘。SEO成功する情報強者と失敗する情報弱者違い
現グーグル検索で被リンクは効か無くなっている?ノー、非常によく効く。何時効き始めるか判り辛いだけ
内部SEO対策はURL,サイト,ドメインの3段階。難関キーワードはサイトやドメインの内部対策必要
URLは車、コンテンツがエンジン,HTMLソースはターボ,被リンクが燃料
Google検索の被リンク対策で「ドメイン分散」は必須。「IPアドレス分散」は必須では無い
コンテンツ内容で被リンク対策するキーワード決まる。キーワード選定
内部要因=コンテンツ。外部要因=被リンク。内部対策⇒外部対策。コンテンツSEO⇒被リンクSEO
熱い鉄だけを徹底的に打つ。冷めたら打たない、再加熱の努力もしない
Google当局が行う2つの調節。被リンク緩和・被リンク引締め、コンテンツ緩和・コンテンツ引締め
PR